複数ローンを一本化するおまとめローンのメリットとデメリット

ローンの一本化とは、いくつかの金融機関から借りているローンを一社に借りかえることです。
ローンを一本化することによって大きなメリットと少しのデメリットがあります。
基本的には、一本化はしないよりしたほうが、返済が有利になります。
よほどのデメリットがない限りは、ローンは一本化する方向で考えたほうがいいでしょう。
返済先を1社にまとめることで、返済の進み具合や、家計に占める返済金の割合などを確認しやすくなります。
幾つもの金融会社から融資を受けていると、それぞれ返済金額も返済日も異なるために、どこに幾ら支払うはわかりにくくなってしまいます。
うっかり返済日を失念してしまうというミスをなくすためにも、一本化することは、合理的な行動といえます。
複数のローンを一本化するためには大口の融資を受けることになりますので、結果的に低金利の融資が受けられます。
借入金額が多くなれば、金利が少しだけ下がったとしても、総返済額の減額は大きなものとなる可能性が高いと言っていいでしょう。
ただし、金融会社からしてもローンの一本化のために融資をすることは利息が高いため、審査は厳しいという欠点があります。
何社かから同時にローンを借りていて返済が行き詰まっている人に、新しく融資をすることはリスキーです。
何社もの金融会社からお金を借りて、返済に苦戦している人が、もっと高額の融資を希望していると聞けば、ためらい金融会社もたくさんあります。
もしも審査に通ってローンの一本化をしてもらえれば、月々の返済はぐっと楽になりますので、一度は一本化について前向きに考えてみてください。