消費者金融系と銀行系カードローンの違いと注意点

銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンは、それぞれ特徴が異なるので、どちらから借りるかはとても大事です。
これらのカードローンにはどんな違いがあるのか、主なポイントについて整理をしていきたいと思います。
大きな違いは、総量規制による制限が銀行系カードローンにはなく、消費者金融系カードローンにあることです。
借り入れ金の合計額が、年収の1/3を越えてはいけないという決まりを総量規制といい、貸金業法という金融業に関する法律で決められています。
銀行から借りることが多い住宅ローンや、教育ローンなどは総量規制にはならず、主に消費者金融系のカードローンが総量規制の対象になります。
とはいえ、銀行が総量規制を守る必要がないとはいっても、年収の1/3をオーバーする金額を簡単に借りられるかといえば、そんなことはありません。
カードローンは審査でOKが出なければ融資されることはありませんので、年収と返済との比率である返済比率は審査の対象になります。
規制の対象外といっても、最終的には銀行系のカードローンも、おおよそ年収の3分の1程度までの借入となるケースが殆どです。
消費者金融系と銀行系との違いは、銀行系は貸付限度額が高く、金利が低めに設定されがちなことです。
銀行系の金利は14%くらいであり、消費者金融系は18%程度の融資になりがちです。
金利の差はとても大きいものといえます。
貸し付け上限金額も、銀行系と消費者金融系とでは違います。
銀行系は多額の資金背景がありますので、消費者金融系が300万円を上限としている時でも、800万円以上の貸しつけも可能です。
カードローンという点では一致していますが、銀行系と、消費者金融系とでは違いがありますので、よく確認しておきましょう。