就職活動は時代とともに変化している

就活という略称が当たり前のように使われるようになっていますが、就職活動の基本的な部分は、現在も似たようなものです。
就職活動は通常、学生や失業者、若しくは就業中の者が職に就くために行うことを言います。
現時点で職に就いている人が、新たな職場を求めて活動をする時は、転職活動という表現になります。
春に卒業したら仕事につく予定の学生を新卒といい、大学や短大、専門学校や、大学院の卒業予定者をいいます。
新卒者に対して、既卒者という言い方がありますが、これは既に学校を卒業済みの人のことになります。
新卒者のうちに就職先を決めてしまったほうがいいと言われているのは、一旦既卒者になると内定をもらいづらくなるからです。
昔は、一度採用が決まったら、定年まで一つの会社で働き続ける終身雇用制が当たり前であり、多くの人がそうしてきました。
一度入社した会社を途中で退職して、新しい会社に転職することは、あまり良いイメージを持たれていませんでした。
転職をする人が多くなった昨今では、同じ会社に勤めていればいいというものではないという考え方に移行しつつあります。
就職活動の中には第二新卒という言葉も使われるようになっていますが、これは、新卒後の仕事を3年以内にやめた人を指します。
企業側が新卒者を選ぶ基準も多様化しており、個性的な質問をしてくる企業や、ネットを介して面接を行う企業など、様々な手段があるようです。
時の流れと共に就職活動のやり方は色々なものになっており、企業が求める人材も、各企業ごとに特徴のあるものになっています。