利用者が増加している銀行系カードローンの特徴について

銀行系カードローンについては融資の社内規定もなく過度な融資になっているケースもあるようです。
多くの人が銀行系カードローンを使うようになり、各社の競争も激しさを増しています。
その背景には、稀に見る低金利時代であり、大企業の業績も比較的良い状況であることから、優良な融資先が限られているという状況があります。
これまで、個人を対象としたローンサービスは消費者金融会社が中心となっていましたが、過払い請求や、グレーゾーン金利の見直しにより、情勢は変わりつつあります。
また、消費者金融会社の中には銀行に買収されて、その傘下に入ったケースも少なくありません。
事業者ローンがメインだった銀行でも、個人を対象としたローンを行うようになっています。
住宅ローンや、教育ローンといった高額の目的型ローンではなく、かつて消費者金融会社が行っていた小口のローンのほうです。
今までの銀行では、所得証明なしとか目的自由という融資は、考えられなかったことです。
人事考課で高く評価してもらうには、銀行系カードローンの利用者を1人でも多く見つけることだといいます。
そのため、銀行の営業マンは、必死で銀行系カードローンのお客様を獲得しようと努力しています。
日本の消費者金融は総量規制の制限を受けますので年収の1/3が借り入れ金額の上限になっていますが、銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、配慮する必要はありません。
ほとんどの大手銀行系カードローンは、この社内規定がないため、消費者金融ではなく、銀行系カードローンで借りる人が増えています。
銀行系カードローンの申し込み手続きは、窓口まで行ってじかに書類の受け渡すをせずとも、ネットを利用して申し込み情報送信できるようになって便利です。