仕事選びで失敗しないためには業界の比較が大切

新卒の学生が就職活動をする時には、金融業界や、航空会社、旅行会社の倍率が特に高くなります。
そのほかにもサービス業や情報関連企業などの業界には大手の企業が多く、商社や製造業と比べて大きな差をつけています。
ただし、中途採用者の転職活動では、業界の人気ぶりは異なっています。
新卒者の就職活動から一転して、中途採用者の転職活動ではIT業界や、製造業の希望者が多く、サービス業は求人倍率が低くなりがちです。
どうして、新卒の人と、転職を希望する人は、入りたい業界が違うのでしょう。
社会人としての経験を積み、第一線で仕事をした人は、小売業や金融業などのサービス業界の仕事内容や、ノルマのきつさを、新卒者より理解しています。
サービス業は、外から見る限りでは華やかで憧れる要素が多いようにも見えますが、実際は離職率がとても高い業界で、やめる人が後を絶ちません。
日曜や祝日など、多くの人が休日で仕事が無いときに働いて、消費者や利用者にサービスを提供することのストレスが大きいことが離職率につながっています。
経済情勢が低迷すると真っ先に客足が途絶えるのはサービス業ですので、安定収入を確保できない場合もあります。
たくさんの人が、人が羨む仕事を優先しがちですが、その業界でやっていけるかはその人次第です。
なりたい仕事への就職活動を行う時には、まずどんな業界なのか情報を集めて、自分のイメージとの照合をしましょう。
自分に合う仕事を探す時には、仕事の内容や会社の待遇も大事なことですが、業界の動きや将来展望も知っておくといいでしょう。